オプションの利益と損失の関係性について

☆オプションについて

「プットオプション」と「コールオプション」という取引方法について少し触れていこうと思います。

プットオプションとコールオプションでは、それぞれ利益になる時の条件が違います。

権利行使をした際に利益がある場合の事をイン・ザ・マネーと呼びます。

このイン・ザ・マネーになる条件は、プットオプションは行使価格を原資産価格が上回った時で、コールオプションは原資産価格を行使価格を上回った時になります。

反対に損失になる事をアウト・オブ・ザ・マネーと呼びますが、このアウト・オブ・ザ・マネーになる条件はプットオプションは原資産価格が行使価格を上回った時で、コールオプションは行使価格を原資産価格を上回った場合となります。

また、原資産価格=行使価格の場合は利益も損失もなく、これをアット・ザ・マネーと呼びます。


イン・ザ・マネー、アウト・オブ・ザ・マネー、アット・ザ・マネーの三つの用語は覚えておいた方が良いでしょう。

損益の関係性を把握する事が、投資において重要な意味を持ちます。